本文へスキップ

デジタル工房 T.D.F. マインクラフトコーナー

Minecraft Corner

---------------------------

便利なツールTools

画像をクリックすると、ダウンロードページが開きます。

起動補助ツール (マインボックス)

MCEdit

複数のバージョンや複数のMOD環境を切り替えて、Minecraftが起動できるツール。

マルチプレイでの利便性を格段に向上させ、URLを打ち込むだけで、サーバー主の設定した通りの環境を、クライアント側に再現出来る。

ダウンロードはこちらから』の該当バージョンをクリックするとダウンロードできる。

解凍後、『minebox(アプリケーション)』のダブルクリックで起動できる。


地形生成ツール (WorldPainter)

MCEdit

マップを自由に生成するツール。

32bit版と64bit版がある。

該当するOSの『download』をクリックするとダウンロードできる。

このツールを使って実際の地形(Google Earthから)も再現できる。

インストール後、『worldpainter(アプリケーション)』のダブルクリックで起動できる。


マップエディタ (MCEdit)

MCEdit

マップ上にブロックやアイテムを自由に配置できるツール。

オリジナルは更新停止されていたが、有志により制作が続行されている。

安定版は、
使用しているOSをクリックすると、画面右に『ダウンロードリンク』が表示されるので、そこからダウンロードできる。

最新版(ちょっと不安定)は、
Dev. build: 』のビルド番号をクリックすると、画面右にダウンロードリンクが表示されるので、使用しているパソコンのタイプ『Windows(32-bit)』『Windows(64-bit)』『Mac OSX』をクリックするとダウンロードできる。

解凍後、『mcedit(アプリケーション)』のダブルクリックで起動できる。


建築物設計ツール (マインプランナー)

MCEdit

日本人製作のマインクラフト上の建築物設計ツール。

マウス操作(操作はCG制作ソフトとほぼ同じ)でさまざまな方向から確認しながら各種ブロックを配置して、建築物が設計できるツール。

『マインプランナー 最新版(lastest)ver2.2 ダウンロード』の『http://code.google.com/p/mineplanner/downloads/detail?
name=MinPlanner_v2_2.zip&can=2&q=#makechanges
』からダウンロードできる。

制限を解除すれば、作成したデータを『schematic形式』で保存することができ、上記の『MCEdit』でワールド上に配置することが出来る。
制限を解除する場合は、『http://code.google.com/p/mineplanner/downloads/detail?
name=unlock_saveschematic.zip&can=2&q=#makechange
s』からダウンロードし、解凍したファイルをマインプランナーのフォルダへコピー(移動)すれば、解除される。

CGの制作が出来る方は、CGをOBJファイルで保存すれば、マインプランナーで変換が可能!!
また、画像データーを読み込ませて、画像のブロック化もできる!!
(最大、1辺が255ブロックまでしか変換できません。)

※ 更新が終了しているので、一部のブロックは使用できません。
 しかし、使い方によっては、非常に有効なツールです。